【RYT500/300認定】瞑想をコミュニケーションに活かす

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark


瞑想をコミュニケーションに生かす

開講情報

開講日
2016/05/24
開講時間
9:00~17:45
定員
20名
募集締切
2016/05/17
開講期間
2016/05/24~2016/05/25
日数/回数
2日間
担当講師
船引真由美
受講料金
33,000円(税込)
受付状況
受付中
スタジオ
東京・恵比寿スタジオ

昼食休憩45分

*

私たちは普段の生活の中で、人と関わりながら生きていく時、コミュニケーションを図る事は必ず必要となってきます。

コミュニケーションとはラテン語のcommunicare「分かち合う」が語源です。
身振りや手振り、言語を用いて、社会生活を営む人達が互いに意思や感情、思考を伝達し合うこと、人と人との心の交流や情報の交換を行います。

全ての人と意志疎通が通じ、コミュニケーションを円滑に行えていると自信を持って言える人が 何%いるでしょうか?

それは社会の中での人間関係のみならず、
夫婦、親子、他人との関係を円滑に
そして良好にするためにはどのようにコミュニケーションを図ると良いのか?
人との関わり方で相手を傷つけないようにするにはどうすれば良いのか?

このような課題が浮き彫りになってきます。

それらのコミュニケーションにおける課題を解決していくのに役立つのが瞑想です。

まずは自分自身と向き合い、
常に浮かんでくる自分の思考や感情とは何か?から学ぶ必要があります。

あなたが今までに抱いていた、瞑想へのイメージがガラッと変わるでしょう。
あなたの学びが深まり、その日から物事の捉え方や考え方が変わると言っても過言ではありません。

それは生活の質を向上させ、コミュニケーションを円滑にすることで、
周囲の人との関わり方や接し方が変わったり、人との付き合い方が楽になったりと良い変化をもたらしてくれるでしょう。

そして、ヨガインストラクターとしてクラス内で生徒の皆さんとの会話の切り出し方、接する際の距離感、会話をする際の立ち位置なども学べます。一人でも多くの自分のファンを作りましょう。


CURRICULUM
受講カリキュラム

受講日数 受講時間
2日間(全2回) 16時間

講座内で学べること

円滑な人間関係を築く為のコミュニケーションの知識と技術

物事の見方、捉え方、思考・考え方について
コミュニケーションを図る際の自分の普段のクセとパターンを知る
相手と向き合う時の注意点、方法(想定した内容のロールプレイング)
自分の思考・考えを周りの人に上手に表現する方法
自分の思考・考えを相手に表現する本当の意味とは

コミュニケーションに生かす為の瞑想の方法

思考と感情の違いを知る
観察すること
観察した内容を将来へプラスにつなげていく
ゆだねる


この講座はあなたの未来を良くする為にあります

自分のコミュニケーション時におけるクセやパターンを知ることで、いろいろな状況下での人間関係における課題への改善を図ります。

そこから自分が持っている価値観を掘り下げて見ていくことが出来ます。
それは「自分とはどういう人間なのか」という自己認識を含め、新しい自分を再発見出来るかもしれません。

「自分とはこういう人間だ」「こうあるべきだ」という考えから抜け出して、広い視野を養います。

瞑想を行うことで、自分の現在起きている事実、現実に注意を向け、自分が感じている感覚や感情、思考を冷静にそして静かに、観察していきます。

観察するからこそ分かること、普段は蓋をしている自分の感情や記憶などがたくさん出てきます。
自分の物事の見方、捉え方、考え方。

それらの存在をまずは知識として入れます。
そして違いを学び、現実と妄想・空想との区別をつけてみましょう。

そこから毎日の生活の中により良く生かせるように実際に起きた事例を元に、ロールプレイングを用いたりしながら確認していきます。

講座を通して、自分の視野を広げてみましょう。
あなたの視野を広げ、毎日を心地よく暮らすための技術を伝授します。

TEACHER
担当講師

OYGヘッドティーチャー KAYOKO

KAYOKO

生理学・解剖学・哲学をバランスよく絡めたロジスティックなヨガクラスで好評を得る。阪急ヨガフェスタでは数年に亘り講師としてとして出演、国内外のOYGティーチャーズトレーニングでリードティーチャーをつとめる他、2010年から年に1度のペースで解剖、生理、哲学、心理、倫理、瞑想、リストラティブヨガ他のプログラム開発から 発信に携わる。その他、イベント企画・スタジオ運営などマルチにヨガと関わっている。

宗教・スピリットが特別なものではなく、個々の生活に根ざすものだという思いの下、日々の生活にヨガを取り入れており、ヨガという言葉に関わらず、個々の生き方をよりよくデザインする人全てに尊敬の気持ちを持ち、自身も高めている。


REMARKS
備考

本講座は2日間のみの受講となります。
RYT500を取得するために必要な講座の一つですが、本講座単体のみの受講申込も可能になっています。

ワークショップ・イベントへのお申し込みはこちら

- 申し込みと座席の確保について -
当ホームページから免責・同意規約にご同意頂いた上で、
お申し込み、1週間以内に初回のお振込(全額お支払いまたは分割お支払い)、
弊社が入金完了の確認を取らせて頂いた時点でお席の確保
(お申し込み完了)とさせて頂きます

申し込み講座
瞑想をコミュニケーションに生かす(2016/05/24開講/東京・恵比寿スタジオ)
氏名
ローマ字

*修了書に記載される氏名です。本名と異なっても構いません。
電話番号
メールアドレス
メールアドレス(確認)

*入力間違いを防ぐため、お手数ですが再度メールアドレスを入力してください。
住所

都道府県

市町村区

番地

ビル・マンション(建物名)

支払方法
  • 現金ご一括
  • 現金分割
  • クレジットカード決済
*クレジットカード決済をお選びの場合、本フォームからお申し込みの後、決済通知をお送りします。
*マスター・ビザが利用可能です。カード払いは3.5%の手数料が加算されます。
プロップス代行注文
依頼する場合はチェックを入れてください
*講座開講日の14日前までの受付
お問い合わせ
免責同意・申込規約

1. クーリング・オフ

受講費を受領した日から起算して8日を経過するまでの間は、受講者は契約の解除を行なうことができます。

契約の解除があった場合、当校はその契約解除に伴う損害賠償、違約金の支払を請求いたしません。クーリングオフの期間内は代金の受領を済ませている場合は、速やかにその全額をお返しいたします。

(分割払いの場合は初回の振込完了と同時に申込完了となります。)

2.  授業料の支払

申込をした人は、申込より1週間以内にお支払いをいただきます。

分割支払による申込をした人は、初回に受講料の3割をお支払い頂き、受講開始10日前までに残額をお支払いただきます。振込回数・金額の設定は自由です。振込手数料は受講生負担です。なお、授業料にはテキスト費用3万円が含まれます。

初回の振込の完了をもってお申込完了となり座席の確保をいたします。

3. コース内容の変更可能性

当校は、地震、火災等不可抗力な事由が発生すうなどによりコース運営を適切に行なうことが難しい場合など、学校側がコントロールできない要因により状況の変化が見られる場合には、コース内容、施設、日程などを変更する権利を有します。

4. 参加にあたって

-1. 受講生は、自己の責任と危険負担において、また他の養成講座受講生と協調して、当校の施設を利用するものとします。

-2. 当校は、受講生が本校の施設利用中に生じた盗難、怪我その他の事故等について、本校に故意または重過失がない限り、責任は負いません。受講生同士の当校内外でのトラブルについても同様とします。

-3. 受講生は当校において、講師の指導に従わず個々人の技量を超えた行為及び危険行為をしてはならないことと致します。また受講生が対価を得て他者に対する指導行為を行なう場合、本校は一切の責任を負いません。

-4. 当校の教材の複写・転写および営利目的での使用を禁止します。

-5.  開催日1週間前までに最少決行人数に満たない場合、開催を中止する場合があります。

その際は速やかに連絡の上、全額返金いたします。

-6. 保険

すべての生徒は個人の責任において適切な保険に加入するものとします。

-7.  キャンセル時の受講料の返却方針

クーリング・オフ以降、支払済みの受講料・宿泊料は死亡等の生命に関わる理由を除き返却不可となります。

受講の途中で退校する場合、支払済みの受講料・実費は返還しない。ただし受講者側に同情すべき事由があれば事情に応じて一部を返還することがあります。

未払いでキャンセルされた場合、当校に損害した時はその分を請求します。

-8.損害賠償責任免責

受講者が当スクール諸施設の利用中、会員の責に帰する事由により会員自身が受けた損害に対して、当校は当該損害に関する責を負いません。

国外開催に際して各人で保険の準備をするものとし、渡航・宿泊・滞在時に発生した事故や損害については本校が責を追う場合を除き一切の責任を負いません。

同意確認
免責・申込規約に同意の上参加します
同意する

【お願い】
最近こちらからのご案内メールが迷惑メールフォルダへ届くことがあるそうです。
ネット申込をされてから数日してもこちらからの返信がない場合は、迷惑メールフォルダをご確認いただくか、そちらにも届いていないようでしたら、OYSヘッドオフィスまでご一報下さいませ。(070-5501-9646)
以上、お手数かけし申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い致します。
※OYSからのメールは、害もなく安全なものですのでご安心してご開封下さい。